量子エレクトロニクス研究室(畑・永井グループ)

High-brightness electron, ion and photon beam for material analysis

2016年度


[受賞]


  1. 平成28年電子デバイス研究会 論文発表奨励賞: 宮崎健人,阪井那央哉,永井滋一,岩田達夫,梶原和夫,畑浩一, “層間反強磁性Cr(001)を用いた電界放出電子のスピン偏極度の安定化

  2. 平成28年電子デバイス研究会 論文発表奨励賞:若本実,永井滋一,岩田達夫,梶原和夫,畑浩一, “電界誘起酸素エッチングによるナノ突起エミッタの形成過程の検証

[学術論文]

  1. Keisuke Komaki, Shigekazu Nagai, Tatsuo Iwata, Kazuo Kajiwara and Koichi Hata “Abundance of field-ionized ion species and current stability of ion beam emitted in He?Ne gas mixture” Surface and Interface Analysis, 48pp.113911432016).
  2. Shigekazu Nagai, Ken Kawamura, Yoshihide Kimura, Junji Yoshii, Renzo Ikeda and Ryuichi Shimizu“An advanced ionizing radiation monitoring network based on using SrI2(Eu)/MPPC module” Surface and Interface Analysis 48pp.126312682016).
  3. Shigekazu Nagai, Shu Katoh, Tatsuo Iwata, Kazuo Kajiwara and Koichi Hata, “Effect of height and atomic arrangement of the super-tip of a gas field ion emitter on helium ion beam current” Surface and Interface Analysis 48pp.113211352016.
  4. Shigekazu Nagai, Kento Miyazaki, Naoya Sakai, Tatsuo Iwata, Kazuo Kajiwara, and Kouichi Hata, “Spin polarization of electrons field-emitted from Cr thin film deposited on W<001> tips”TECHNICAL DIGEST 2016 29th International Vacuum Nanoelectronics Conference (IVNC) pp.8384(2016).

[国際会議]

  1. Shigekazu Nagai, Kento Miyazaki, Naoya Sakai, Tatsuo Iwata, Kazuo Kajiwara, and Kouichi Hata, “Spin polarization of electrons field-emitted from Cr thin film deposited on W<001> tips”, 29th International Vacuum Nanoelectronics Conference (IVNC) 
[国内会議]


  1. 後藤 敬典 KALITA Golap,種村 眞幸, 本田 光裕, 市川洋,境悠治,永井 滋一,兼松 , 日本学術振興会マイクロビームアナリシス第141委員会164回研究会フラーレンとグラフェンのAESSE特性” (2016)
  2. 永井 滋一,河村憲, 木村 吉秀,角森史昭,吉井 淳治,杉山誠,太田 朗生, 佐藤 典仁,竹内 宣博,志水 隆一福島支援定点観測ネットワークの構築活動報告日本学術振興会マイクロビームアナリシス第141委員会164回研究会 201605 堀場製作所
  3. 若本実,永井滋一,岩田達夫,梶原和夫,畑浩一, “電界誘起酸素エッチングによるナノ突起エミッタの形成過程の検証電子情報通信学会ED研究会 201610 三重大学
  4. 宮崎健人,阪井那央哉,永井滋一,岩田達夫,梶原和夫,畑浩一, 三重大学層間反強磁性Cr(001)を用いた電界放出電子のスピン偏極度の安定化電子情報通信学会ED研究会 201610
  5. 小林健道,永井滋一 ,岩田達夫 ,梶原和夫 ,畑浩一高輝度液体Li電子源を用いた高強度X線励起” 2016年真空・表面科学合同講演会 201612 名古屋国際会議場
  6. 若本実,永井滋一 ,岩田達夫 ,梶原和夫 ,畑浩一, “アトムプローブ法による低温電界誘起酸化プロセスのその場分析” 2016年真空・表面科学合同講演会 201612 名古屋国際会議場
  7. 若本実,永井滋一,岩田達夫,梶原和夫,畑浩一, “電界誘起ガスエッチングによるナノ突起エミッタの形成過程の検証”, 第16回日本表面科学会中部支部学術講演会 201612 名古屋大学
  8. 永井滋一,宮崎健人,阪井那央哉,岩田達夫,梶原和夫,畑浩一 , “反強磁性Crを用いた電界放出型スピン偏極電子源の開発日本学術振興会真空ナノエレクトロニクス第158委員会第115回研究会 201612 滋賀県立県民交流センター [招待講演]
  9. 永井滋一,若本実,岩田達夫,梶原和夫,畑浩一, “電界誘起酸素エッチングによるナノ突起構造体の形成過程とHeイオン放出特性第14回真空ナノエレクトロニクスシンポジウム 201703 アクトシティー浜松