量子エレクトロニクス研究室(畑・永井グループ)

High-brightness electron, ion and photon beam for material analysis

表面と真空 特集「電子ビーム技術の新展開」

当研究室の電界放出型スピン偏極電子源の研究紹介が,表面と真空 2020年1月号に掲載されました。
https://doi.org/10.1380/vss.63.19

国際シンポジウム

大学院E領域の国際シンポジウムににて,台湾のAcademia SinicaのIng-Shou Hwang先生に招待講演をして頂きました。(題目:History of seeing atoms and application of single atom tips)
iOS の画像

2019年表面真空学会

M1の小柳津君,永井助教が2019年表面真空学会で発表しました。

ALC'19 Excellent Presentation Award

M2の久納和也君が,国際会議(Atomic Level Characterization '19)にて研究成果を発表し,Excellent Presentation Awardを受賞しました。(題目:Evidence of spin-polarized electronic state at edges of graphene oxide studied by field emission spin polarimetrySCAN0875

学振141委員会 榊奨励賞受賞

永井滋一助教が日本学術振興会マイクロビームアナリシス第141委員会 榊奨励賞を受賞しました。(題目:電界放出型スピン偏極電子源の表面構造制御と特性評価に関する基礎的研究)IMG_8972